「イスラム国」の戦闘員や市民にインタビュー 40か国の国際的な包囲網を前にも士気の高さを強調

動画ナンバー:044
アラビア語題名: لقاءات حول التحالف العالمي ضد الدولة الاسلامية
題名の和訳:『イスラム国に対する国際的な包囲網についてインタビュー』
公開日:2014年10月2日
組織名:イスラム国
情報源:ラッカ県メディア・オフィス(イスラム国傘下)

 
 ※上記サンプル動画は第三者によりアップロードされたものです。当方では、SNSアカウントやファイル共有サイトより直接ダウンロードした、編集・加工されていない状態の動画ファイルをmp4形式にて保存しております。
 
※ 動画ファイルの入手を希望される方は、下記のメールアドレスまでご連絡ください。
jihad_archive@yahoo.co.jp
 

【日本語字幕付】イスラム国を取材した「VICE NEWS」の Medyan Dairieh氏インタビュー

動画ナンバー:043
オリジナル動画の公開日:2014年9月29日
情報源:mtv(レバノンの放送局)
(※画像右下のアイコンから日本語字幕ON)

上記動画は本ブログ管理人が独自に内容を和訳して日本語字幕を付したものです。

↓VICE NEWS は、イスラム国に関する優れたレポートを公開しています。

イスラム国に入って現地取材した上で、これほどのレポートを撮影したメディヤン・ダイリーエとは何者か?
(※メディアン・ダリア氏とも

イスラム国に利用されているだけか? それとも第二のタイシール・アッルーニ氏か?
2014年9月29日にmtvでインタビュー番組が報じられました。非常に興味深い内容です。


サミーラ・ヌアイミ殺害の誤報に関する抗議が所属先のUAEの大学から国際アラビア語紙に届く

(関連動画 034 032
画像をクリックすると、関連の記事を開きます。
samira

「イスラム国により拷問の上、殺害されたイラク人の人権活動家で女性弁護士」などと報じられたサミーラ・ヌアイミが所属するUAEの教育発展大学から、誤報に関する講義声明が国際アラビア語紙「ラアイルヨウム」に届いたことを報じています。 抗議の内容は、当ブログの過去の関連記事と同じです。
 
 
※このエントリは、所謂「イスラム過激派」の声明に関するものではありませんが、「イスラム国」をめぐる情報戦という観点で興味深いので、取り上げたいと思います。
 

フランス人の人質を殺害した「アルジェリアのカリフ兵団」が「イスラム国」のバグダディ指導者に改めて忠誠を宣誓



動画ナンバー:42 (関連動画 027 021
アラビア語題名: تجديد البيعة للخليفة إبراهيم من جند الخلافة بأرض الجزائر 
題名の和訳:カリフのイブラヒム(※『イスラム国」のバグダディ指導者)に対しアルジェリアのカリフ兵団が改めて忠誠』

公開日:2014年10月1日
組織名:アルジェリアのカリフ兵団(※「カリフの兵士」とも)
情報源:ファタハ・メディア(アルジェリアのカリフ兵団 広報部門)
ByzyMK4IAAAayFq

「イスラム国」がシリア北部アレッポ県の都市バーブにおける空爆の被害をレポート

動画ナンバー:041
アラビア語題名: قصف التحالف الصليبي على مدينة الباب
題名の和訳:『十字軍同盟(※アメリカなど)によるバーブ市に対する空爆 ヒジュラ歴1435年ズーヒッジャ月3日(※2014年9月27日)』
公開日:2014年9月29日
組織名:イスラム国
情報源:アレッポ県メディア・オフィス(イスラム国傘下)
 

【当ブログ管理人のコメント】
↓ガレキで体が半分埋もれてしまった生存者を助け出すシーンが生々しいと思います。
(TC 1:55辺りからです)
あ


記事検索
amazon.co.jp
カテゴリー