「イスラム国」、米連合軍の空爆に対する一般市民の反応をレポート 『ラッカはアメリカの空爆に立ち向かう』



動画ナンバー:025
アラビア語題名:الرقة تتحدى القصف الامريكي
題名の和訳:『ラッカはアメリカの空爆に立ち向かう』
公開日:2014年9月24日
組織名:イスラム国(IS 旧ISIS またはISIL)
情報源:ラッカ県メディア・オフィス(イスラム国傘下)

【内容】
・アメリカの空爆を受けたラッカ県の町の様子を紹介(おそらくラッカ市か)。「被害は小さい」として、生活は普段通りであることを強調
 

・市民にインタビュー
 

市民1「ラッカで朝5時に空爆があった。米軍機によるものだ。アラーよ天罰を下したまえ。湾岸諸国の軍機もだ。被害は小さい。生活は普段通りだ」
 

兵士 「アメリカの(無人)飛行機が通信塔に激突した。これもアラーのおかげだ。生活は平常どおりだ。住民も慣れている。だれもアメリカやどこの国をも恐れていない。我々は立ち向かう。米軍が率いる十字軍連合は失敗する。イスラム国は残り、拡大する」
 

市民2「オバマや十字軍、アラブの独裁者に告ぐ。米軍機がユーフラテス川の街ラッカを空爆した。被害はない。これは、墜落した米軍(無人)機の破片だ。アラーのおかげで、イスラム教徒の被害はなかった。」


10635938_992620227430646_3840662253473705852_n

 

「イスラム国」のドイツ人戦士 傷ついた仲間を見舞う心優しき青年 『ムジャツイート』珠玉の第4弾



動画ナンバー:024
英語題名:『Mujatweet』 エピソード4 
      ※Mujahiden(ジハード戦士)とtweet(つぶやき)からの造語か

公開日:2014年7月9日
組織名:イスラム国
情報源:ハヤート・メディア 
※本動画は、公開時よりドイツ語(アラビア語の宗教的語句を多用)音声に英語字幕です。
scaled_full_dc63553648d8e266cbfe

巨大なセメント工場が「イスラム国」の手中に。『クルド人勢力の部隊が拠点としていたシャラビヤ工場の解放』

動画ナンバー:023
アラビア語題名:تحرير معمل الشلبية الذي كانت تتحصن فيه قوات الأحزاب الكردية
題名の和訳:『クルド人勢力の部隊が拠点としていたシャラビヤ工場の解放』
公開日:2014年9月23日
組織名:イスラム国
情報源:ラッカ県メディア・オフィス(イスラム国傘下)
alshalabiyah
※上の画像は動画の中のワンシーンです。2014年9月25日現在、Youtubeには、サンプルとなる動画が見当たりませんが、画像をクリックしていただければ、リンク先に移動して画像を観ることができます。

『イスラム国』の牙城 シリアのラッカ県にある軍事訓練場での教練を公開



 
動画ナンバー:022
アラビア語題名:تخريج دفعة جديدة من أحد معسكرات الدولة الإسلامية
題名の和訳:『イスラム国のラッカ県軍事訓練場で 新たな一団が教練を完了』
公開日:2014年9月23日
組織名:イスラム国
情報源:ラッカ県メディア・オフィス(イスラム国傘下)

ByFiO-5CYAADWYF

 

新手のイスラム過激派がフランス人を拘束 『アルジェリアのカリフの兵団から、フランスの犬 オランド(※大統領)へのメッセージ』



動画ナンバー:021 (続報 027
アラビア語題名:رسالة من جند الخلافة في الجزائر إلى كلب فرنسا هولاند
題名の和訳:(アルジェリアのカリフの兵団から、フランスの犬オランド(※大統領)へのメッセージ)
公開日:2014年9月23日
組織名:アルジェリアのカリフの兵団
情報源:ファイル共有サイト「archive.org」
【概要】 
●前半 「イスラム国」のバグダディ指導者の映像とともに、広報担当のアドナーニ氏の声明(※当サイト動画ナンバー19)が流れる。内容は、モロッコやアルジェリアの「イスラム国」支持者に対し、不信心者の欧米人への攻撃を呼びかける内容
●後半 アドナーニ氏の呼びかけに応じるとして、誘拐したフランス人の動画を公開


記事検索
amazon.co.jp
カテゴリー