2016年02月

【イスラム国】殉教攻撃を果たした15歳の少年兵、父親に励まされ

20160219_IS_Halab_Sabaqani_Waladi_Istishhadi
↑画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↑

題名:سبقني ولدي قصة استشهادي
和訳:息子は先立った とある殉教者のエピソード
公開:2016年2月19日
組織:イスラム国(IS、旧ISIS又はISIL)
出所:アレッポ県広報部(イスラム国傘下、旧シリア領)
音声:アラビア語
重要:★★☆☆☆

【内容及び解説】

イスラム国のジハード戦士である15歳の少年が、爆薬を満載した車両に乗って、アサド政権の部隊に対する殉教攻撃を敢行する。少年へのインタビューが、キリスト教徒との最後の決戦が行われるという伝承のあるダービクの丘で行われたほか、実家での父親へのインタビューも収録されている。息子に殉教攻撃を行うように励ましたのは、父親自身であったという。

↓動画冒頭のメッセージ
動画冒頭のメッセージ
「カリフの地にて、新たな世代が来た。それは砲撃の炎と空爆の音の中を生きる者」
「それは爆弾の炎と轟音をを愛する者。栄光の意味と犠牲の尊さを知る者」
「カリフの地にて、父は息子を励ます」
「行け、わが息子よ。我に先立つのだ。」
「息子よ。我はお前を愛している。だが、アラーの教えをもっと愛している」
「行け、我が息子よ。来世で会おう、そこで真に生きよう」
「息子よ、ここで別れるが、あちらで会おう」

↓殉教攻撃志願者たちの宿舎
殉教攻撃者たちの宿泊所

↓ダービクの丘でインタビュー。ここで殉教することが夢だったという
ダービクの丘で殉教志願の少年にインタビュー
↑殉教攻撃を勧め、励ましたのは、父親だったと明かす。

↓実家で父親へのインタビュー。「殉教は天国への鍵」と話す。
「殉教攻撃こそが天国への鍵」と語る父親

↓最後の家族団らんの一時を過ごす。
父親や兄弟たちと最後の時を過ごす

↓爆薬を満載した車両の運転席にて父親との最後の別れ。
殉教攻撃に出撃する前に父親との最後の別れ殉教攻撃に使用された車両

↓殉教の瞬間
殉教の瞬間


↓殉教者の名簿作成の業務を担当する父親が、息子の名を登録する。
殉教者の名簿作成の仕事で、息子の名前を登録する

↓画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↓
20160219_IS_Halab_Sabaqani_Waladi_Istishhadi

【イスラム国】 公式アラビア語紙 『ナバア』 第18号配信

20160216_IS_Nabaa18
↑画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↑

2016年2月16日、イスラム国の公式アラビア語紙『ナバア』の第18号が配信された。
なお、『ナバア』のバックナンバーの一覧はこちら

第18号の『ナバア』では、献血を呼びかけている紙面がある。下部に赤字で「度重なる砲撃のために血液が不足している」と訴えており、現地の状況を窺い知ることができる。
アラビア語広報誌「ナバア」で献血をしよう」と呼びかける 

【イスラム国キレナイカ州】 リビア沿岸部の要衝ラスラヌフの石油施設を攻略

20160214_IS_Barqah_GhazwaShaikhQahtani
↑画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↑

題名:غزوة الشيخ أبي المغيرة القحطاني (تقبله الله
和訳:故アブムギーラ・カハターニ師に捧げる戦い
公開:2016年2月14日
組織:イスラム国(IS、旧ISIS又はISIL)
出所:キレナイカ州広報部(イスラム国傘下、旧リビア領)
音声:アラビア語
重要:★★★☆☆

【内容及び解説】
イスラム国のリビア支部の一つ「キレナイカ州」のジハード戦士たちが、地中海沿岸の都市ラスラヌフの石油施設を襲撃し、これを見事に攻略するとともに、大量の武器弾薬を獲得したことをアピールする宣伝動画。シドラ湾の石油施設は、極めて重要性の高い戦略上の要衝である。

イスラム国はこの攻撃作戦の名前に、故アブムギーラ・カハターニ師の名前を冠しており、その並々ならぬ意気込みが伝わってくる。カハターニ師とは、イスラム国のリビア支部3州(トリポリタニア州、キレナイカ州、フェザーン州)の前総司令官であるが、既に殉教を遂げている。なお、2015年9月発行のイスラム国公式英語広報誌「ダビク」に、カハターニ師のインタビュー記事が掲載されている。

↓『ダービク』第11号に掲載されたカハターニ師のインタビュー
イスラム国の前リビア指導者カハターニ師

カハターニ師の生前の勇姿は、2014年7月に公開されたイスラム国の宣伝動画『預言者の手法にて(على منهاج النبوة)』の中で見ることができる。イラクのサーマッラに対する攻撃作戦を前に、ジハード戦士たちを鼓舞する伝説的な演説が収録されている。
↓画像をクリックしてカハターニ師の演説映像を含む動画を視聴
アブムギーラ・カハターニ師の生前の勇姿

以下、今回の宣伝動画の場面を紹介

↓『石油の三日月地帯』に対する攻撃 
リビア沿岸の石油施設に対する攻撃
↑石油施設を防衛する背教者の民兵組織の拠点に進撃

↓勇猛果敢に戦うイスラム国のジハード戦士
イスラム国のジハード戦士の勇姿

↓イスラム国の攻撃により黒煙を上げる石油施設
炎上する石油施設

↓石油施設に向けて突撃するジハード戦士の車両
石油施設に向け突撃するジハード戦士の武装車両

↓戦いの最中にあってもアラーへの祈りを欠かさない
アラーへの祈りを捧げるジハード戦士

トリポリを拠点とする「リビアの夜明け部隊」の軍用機が民兵に加勢
リビアの夜明け部隊の軍用機が石油施設の背教者部隊を掩護

↓巨大な石油施設に向かうイスラム国のジハード戦士たち
巨大石油施設の前での戦闘

↓見事にラスラヌフの石油タンクを制圧
ラスラヌフの石油タンクを制圧

↓戦車や重火器を含む大量の武器弾薬を戦利品として確保
数々の兵器を戦利品として獲得

↓画像をクリックして動画を視聴またはダウンロード
20160214_IS_Barqah_GhazwaShaikhQahtani

【アッシャバーブ】 ソマリアでの旅客機爆発に関する声明

アッシャバーブの作戦により爆破された機体
↑画像をクリックしてアッシャバーブの公式声明を閲覧またはダウンロード

2016年2月2日、ソマリアの空港を離陸した旅客機の機内で爆発が起き、機体に穴が開いた事件について、アルカイダ系のジハード主義組織「アッシャバーブ」から、作戦を実行したとの声明が2016年2月13日にインターネットを通じて発出された。

 
以下、NHKの関連報道の引用:
ソマリア旅客機爆発 イスラム過激派組織が犯行声明(NHK2月14日 9時13分更新)
・・・今月2日、ソマリアの首都モガディシオから隣国ジブチに向けてダーロ航空の旅客機が空港を離陸したところ、まもなく機内で爆発が起きて機体の側面に穴が開き、空港に引き返して緊急着陸しました。その際、穴から外に投げ出されて死亡した男が、旅客機に搭乗するときに爆弾を仕込んだパソコンを持ち込み、爆発させた疑いが強まっています。
この事件で13日、ソマリアを拠点に活動するイスラム過激派組織アッシャバーブが声明を出し、欧米諸国が掃討作戦を強化しているとしたうえで、「欧米に対する報復だ」として犯行を認めました。また、声明では「旅客機に乗っていた西側の情報機関やトルコ軍の要員を狙った」としています・・・(以下略)

旅客機の爆破作戦に関する英語の声明
↓(画像をクリックすると拡大可能)
802208089_66348_14301192158288964662
803718569_12037_6065004001614080070

【イスラム国】イギリス情報機関の指示で空爆の標的を探っていたスパイの自供と処刑 空爆犠牲者の遺族の少年が車を爆破して報復

20160210_IS_Raqqa_HumlAdu4
↑画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↑

題名:هم العدو فاحذرهم 4
和訳:彼らこそ敵である警戒せよ4
公開:2016年2月10日
組織:イスラム国(IS、旧ISIS又はISIL)
出所:ラッカ県広報部(イスラム国傘下、旧シリア領)
音声:アラビア語(英語字幕)
重要:★★☆☆☆

【内容及び解説】
アメリカや日本等でつくる十字軍連合はイスラム国に対する空爆作戦を行っているが、標的に関する情報を集めるためにイギリス情報機関によってリクルートされたスパイ3人が犯行を克明に自供する。

そして十字軍連合による空爆作戦の犠牲者の遺族である少年が、空爆に協力したスパイ3人を乗せた車両の爆破装置を起動させ、同害報復を成し遂げるまでを撮影した宣伝動画である。

スパイの一人は、空爆の成果を撮影するために現場に向かったところ、その空爆に自分も巻き込まれて負傷し、搬送先の病院でイスラム国に逮捕されてしまったと供述している。

また、別のスパイは、知らない内にイスラム国によって逆に監視されていたと供述している。「イスラム国の壊滅は時間の問題」などと吹聴するイギリスの情報機関に騙されて、わずかな報酬で命懸けのスパイ活動をさせられながら、発覚すればあっさりと使い捨てにされる。

「日本も欧米の様に本格的な情報機関を設置すべきだ」などと主張する能天気な輩が後を絶たない。彼らのイメージする情報機関とは、せいぜいジェームス・ボンドの映画の妄想なのだろうが、現実の情報機関の仕事とは、この動画が示すとおりである。

↓イギリス情報機関がターゲットとする人物の写真を送ってきたと供述
イギリス情報機関の下でスパイ活動

↓十字軍連合の空爆に巻き込まれて負傷した上に病院で逮捕
空爆の戦果を撮影に行き負傷してしまい、イスラム国によって逮捕

↓イギリスのキャメロン首相に対する警告
イギリスのキャメロン首相に警告

↓十字軍連合の空爆による犠牲者の遺族の少年が登場
十字軍連合の空爆による犠牲者の遺族の一人

スパイを載せた車両の爆破装置を起動し同害報復を果たす
スパイに対する復讐を果たした空爆犠牲者の遺族

【イスラム国】リビアの都市シルトにおける宗教警察「ヒスバ」の活動ぶりを紹介

20160208_IS_Tarabulus_HafizunHududAllah
↑画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↑

題名:الحافظون لحدود الله
和訳:アラーの掟を守る者たち
公開:2016年2月9日
組織:イスラム国(IS、旧ISIS又はISIL)
出所:トリポリタニア州広報部(イスラム国傘下、旧リビア領)
音声:アラビア語
重要:★☆☆☆☆

【内容及び解説】
イスラム国の宗教警察「ヒスバ」が、リビア中部の都市シルトにおける活動を紹介する宣伝動画。


↓画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↓
ヒスバの活動について説明する

↓宗教警察「ヒスバ」のパトロール車両が出発
宗教警察「ヒスバ」のパトロール車両

↓不正な商品が販売されていないか調査する
不正な商品が販売されていないか厳しく検査
商店を巡回し抜き打ち検査

↓賞味期限切れの賞品は没収される
賞味期限の切れた商品

↓没収された不正な商品は廃棄・焼却処分される
不正な商品の没収と廃棄

↓タバコやアルコール類の販売も禁止
タバコやアルコール類も没収して焼却処分

↓墓標は偶像崇拝の一種として破壊される
墓標の破壊

↓楽器も禁止されており、没収された後に破壊される
楽器の破壊

↓身だしなみも厳しくチェックされ、長すぎるズボンの裾は禁止
ズボンの裾をまくるように警告

【イスラム国】公式アラビア語紙『ナバア』第17号配信

nabaa17
↑画像をクリックして「ナバア」第17号を閲覧またはダウンロード
2016年2月9日配信 

「ナバア」のバックナンバーは、こちらから

【イスラム国】公式ラジオ放送「アルバヤン」ライブ配信を開始

イスラム国公式ラジオ「アルバヤン」生放送
↑画像をクリックして「アルバヤン」生放送の配信ページへ↑

イスラム国の公式ラジオ放送「アルバヤン」は、イラクでは電波放送が行われおり、それ以外の地域では、インターネットで定時ニュースの音声ファイルを配信していた。ところが最近、アンドロイド用アプリでもラジオを聴けるようになっていた。

そして2016年2月4日から、PCでも「アルバヤン」のライブ配信を聴くことができるようになった。上の画像リンク先から聴くことができるが、まだ「試験放送」との位置づけのようだ。音声ファイル版ではあまり聴くことのできなかった、イスラム教に関する番組などを、イスラム国で暮らす人たちと共に生放送で堪能することができる。

713230118_112780_2720016710217348824

【イスラム国】 ユーフラテス川で幸せな一時を過ごすジハード戦士 カリフ国での暮らしに満足と語る

20160202_IS_Halab_HayatTaiiba
↑画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↑

題名:فلنحيينه حياة طيبة
和訳:すばらしき人生を生きよう
公開:2016年2月2日
組織:イスラム国(IS、旧ISIS又はISIL)
出所:アレッポ県広報部(イスラム国傘下、旧シリア領)
重要:★☆☆☆☆

【内容及び解説】

イスラム国による攻撃で恐怖におののくヨーロッパ諸国の状況を伝えるニュース映像の後、ベルギー出身のジハード戦士が登場し、イスラム国での暮らしに満足していることを語る。ユーフラテス川で魚獲りをしたり、シュノーケリングをしたり、川辺で料理を楽しんだりする映像が紹介される。

↓画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↓
ユーフラテス川に遊ぶジハード戦士

↓水中で翻る預言者の指輪の紋章が入った黒旗の映像↓
水中で翻る黒旗2

↓「お腹空いた? バナナ食べる?」 「うん」↓
お腹空いた? バナナ食べる?

↓ユーフラテス川の河辺で食事を楽しむジハード戦士の家族↓
河辺で食事

【イスラム国】公式アラビア語紙『ナバア』 第16号 配信

↓画像をクリックして『ナバア』第16号を閲覧又はダウンロード
Nabaa16
2016年2月2日配信

『ナバア』のバックナンバーはこちらから

今号の『ナバア』の末尾では、豚インフルエンザに対する注意が呼びかけられている。

豚インフルエンザに関する啓発記事
当ブログ管理人のおぼろげな記憶では、養豚業者が風評被害に悩まされたため、病名が「新型インフルエンザ」などと改称されたはずだが、おそらくイスラム圏ではそのような配慮は一切無用なのだろう。

サウジアラビア政府が「イスラム過激派」対策のために公募動画のコンテストを開催



サウジアラビアの政府機関が、Youtubeを利用した「イスラム過激派」対策を行っている。異宗派の共存や過激思想の否定をテーマとする短編動画を一般公募し、コンテストを開催する。これまでに応募のあった124作品をネットで公開しており、優秀作品には最大5万リヤル(約157万円)の賞金が贈られるという。上のリンクは、作品募集の宣伝動画。朝日新聞の関連記事はこちら。応募作品の一覧はこちら

興味深い試みではあるが、サウジアラビア政府が問題視するジハード主義組織は、プロ的な技術をもつ活動家たちによって制作されたクオリティの高い宣伝動画を配信しており、アマチュアによるコンテストだけでは対策にならないだろう。サウジアラビア当局が本腰を入れるつもりなら、映像の専門家やウラマーといった「プロ」を動員して対策を練る必要があろう。


↓朝日新聞の記事で取り上げられていたスンニ派とシーア派の少年の友情を描いた作品 

↑互いの父親が「あの子とは付き合うな」と言い聞かせても、少年たちは友情を育む 

↓スンニ派とシーア派の違いについて語り合う兄弟の動画

↑アラビア語音声だが、英語字幕が付いている
記事検索
amazon.co.jp
カテゴリー