2016年09月

【ファトフ・シャーム戦線】ドイツ人女性ジャーナリストをイスラム法に則り釈放 「ムスリムによる保護は一つ」 ※追記あり

2016年9月28日、シリアの反体制派組織「ファトフ・シャーム戦線」(アルカイダから分離した旧ヌスラ戦線、「シリア征服戦線」などの訳語もあり)はアラビア語による声明で、ドイツ人の女性ジャーナリスト、ヤニナ・フィントアイゼン(Janina Findeisen)を釈放したと発表した。その釈放の理由が非常に興味深く、この種の人質事件を考える上で、大いに示唆に富むケースだと言える。

↓画像をクリックして声明の画像を拡大
20160928_JFS_Janina_Findeisen_German_Prisoner_Release

声明の内容は次のとおりである。今からおよそ1年前の2015年11月、シリア国内においてドイツ人女性ジャーナリストが拉致されたと報じられ、その折にはヌスラ戦線(※ファトフ・シャーム戦線の前身組織)の仕業だとされた。ヌスラ戦線は、2015年12月1日付の声明でこれを否定していた。
そして今から1か月前、ファトフ・シャーム戦線は、この女性ジャーナリストを拉致した小グループに関する情報を掴み、捜索の結果、拘束されていた女性ジャーナリスト本人とその子どもを救出した。
この女性ジャーナリストは救出後にファトフ・シャーム戦線に対し、「シリア在住のドイツ人女性イスラム教徒を通じて、拉致を行ったとされる小グループから身の安全を約束されていた」と主張した。それを受けて、ファトフ・シャーム戦線はシャリーア(イスラム法)の法廷を開き、この女性に与えられていた保護が有効だと判断した。その結果、2016年9月28日に、ファトフ・シャーム戦線はシャリーアに則り、この女性を釈放したとしている。

これだけでは、イスラム教徒やシャリーアの研究者でない方々には、いま一つ腑に落ちないだろう。補足すると、つまり自分たちとは全く無関係のイスラム教徒であっても、そのイスラム教徒がある異教徒に与えたイスラム法上の保護(※ズィンマ)は、すべてのイスラム教徒が尊重せねばならないシャリーア上の義務なのである。このため、ファトフ・シャーム戦線は、自分たちとは無関係の小グループが与えたに過ぎない保護に基づいて、このドイツ人女性ジャーナリストを釈放したというのである。

この声明の後半では、この決定の根拠となるハディース(※預言者言行録)を、ブハーリー及びムスリムの二大「サヒーフ(※真正集)」から引用している。その内容は次のとおりである。

ある時、ウンム・ハーニー(※預言者の叔父のアブ・ターリブの娘)は預言者ムハンマドに対し、「私が保護を与えた何某・イブン・フバイラという者を、アリー(※ウンム・ハーニーの兄弟で後の第4代正統カリフ)が殺そうとしているのですが」と相談したところ、預言者ムハンマドは、「ウンム・ハーニーよ、あなたが保護を与えたということは、我々が保護を与えたということですよ」と語ったという(※このハディースは、女性への敬意と権利の平等といった観点で引用されることが多いが、イスラム教徒が異教徒に与えた保護の普遍性の根拠にもなり得るのである)。

また、別のハディースでは預言者ムハンマドが、「ムスリム(※イスラム教徒)によるズィンマ(※保護)は一つである。最も卑しい身分のムスリムであっても同等である。ムスリムが与えた保護を蔑ろにする者は、アラーや天使たちによって呪われる」と述べていたという。

そして声明の最後では、マーリク学派のウラマーであるイブン・バッタールの次のハディース解説を引用している。
「敵対者に与えられた保護は、すべてのイスラム教徒が守らねばならない。保護を与えたイスラム教徒が、高貴な者だろうと卑しい者だろうと、自由人だろうと奴隷だろうと、男だろうと女だろうと同じである」

※2016年9月30日追記

ターリク・アブドルハク氏

シリアで拘束され行方不明となっている安田純平氏とファトフ・シャーム戦線(シリア征服戦線とも)の仲介役として、安田氏の画像や動画を公開してきたシリア人ジャーナリスト、ターリク・アブドルハク氏がフェイスブックでの投稿で、安田氏の解放をファトフ・シャーム戦線に呼びかけた。ドイツ人女性ジャーナリストのケースと同様に、安田氏はシリアの反体制派武装勢力「アハラール・シャーム運動」のメンバーであるアブ・ゼイド氏から、イスラム教徒による保護を受けていたとしており、ファトフ・シャーム戦線がシャリーア(イスラム法)に従うならば、安田氏も無条件で解放されるべきだと主張している。

【イスラム国】バングラデシュ首都ダッカでの立てこもり・人質殺害事件の実行者の映像を公開

ダッカ人質殺害事件の実行犯
↑画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↑

題名:এবং তারা চক্রান্ত করেছে আর আল্লাহও কৌশল অবলম্বন করেছেন। আল্লাহ হচ্ছেন সর্বোত্তম কুশলী
和訳:彼らは策をめぐらし、アラーも策をめぐらしたが、上手を行くのはアラー
公開:2016年9月23日
組織:イスラム国(IS、旧ISIS又はISIL)
出所:イスラム国ベンガル支部(※「州」といった表記はなし)
音声:ベンガル語(アラビア語字幕)
尺長:14分57秒

【キャプション】
2016年7月にバングラデシュの首都ダッカで起きたカフェ立てこもり・人質殺害事件につき、その実行者であるイスラム国の戦闘員5人が、不信心者に対するジハードを宣告する動画。

【サウンドバイト】
↓『バングラデシュには更なる標的がある』
(TC11:47-11:51)
「バングラデシュには更なる標的がある」

『ママ、泣かないで。ママが地獄の業火から救われるように泣いて』
(TC13:21-13:27)
『ママ、泣かないで。地獄から救われたんだよ』

↓画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↓
20160923_IS_Bengal_Makaru

【イスラム国】ロシア情報機関のスパイを拘束 プーチン大統領や国民に救出を訴え

20160920_Pro-IS_Furat_Russian_Inteligent_Officer_Title
↑画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↑

題名:Обращение офицера ФСБ РФ, плененного Исламским Государством, к президенту и народу России.
和訳:イスラム国が捕らえたロシア情報機関将校からロシアの大統領及び国民へメッセージ
公開:2016年9月20日
組織:イスラム国(IS、旧ISIS又はISIL)
出所:フラート・メディア(IS支持者による非公式のSNS広報アカウント)
音声:ロシア語(アラビア語字幕)
尺長:2分53秒

【キャプション】
イスラム国(IS)によって拘束されたロシア情報機関の将校(大尉)が、プーチン大統領とロシア国民に向けて救出を訴えるメッセージ動画。SNS広報アカウント「フラート・メディア」によって公開された。フラート・メディアはIS公式の広報部門ではないが、カフカス地方やソマリアなど、IS公式の広報部門の活動が手薄な地域で独自情報を配信しており、IS支持者が運営する有力なSNSアカウントの一つである。

イスラム国(IS)が拘束したとする水道橋博士のような風貌の人物は、ペトレンコ・エフゲニー・ヴィクトロヴィッチと名のり、1981年3月8日生まれで、ロシア情報機関のスパイだという。プーチン大統領やロシア国民に救出を訴えている。拘束時の状況や解放の条件などは明らかにしていないが、カフカス地方北部で活動していたと述べており、そこでISに捕まった可能性がある。


↓画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↓
20160920_Pro-IS_Furat_Russian_Inteligent_Officer_2

【ナシード名曲選】故アドナニ師も愛した『イスラムの砦が二大河の国に聳立』 ピアノ演奏版

イスラム国の公式スポークスマンであった故アブ・ムハンマド・アドナニ師も自ら熱唱したナシード(宗教歌)『イスラムの砦が二大河の国に聳立』に関する記事は、一部で好評を博したが、既に2年前の時点でこの名曲に着目していた有志の方がいて、採譜した上でピアノ演奏の動画として公開しておられたところ、当ブログでご紹介しよう。

再度この曲を取り上げるにあたり、アラビア語が分からない方でも口ずさめるように、歌詞を和訳とともにカタカナで表記しておいた。ナシード愛好家の方々におかれては、下のプロ歌手による動画や、故アドナニ師の動画も参考にして、心行くまで歌っていただきたい。


قام للإسلام صرحٌ في بلاد الرافدين
دولة الإسلام تبقى رغم أنف الحاقدين
カーマ・リルイスラーミ・サルフン・フィ・ビラーッディッ・ラーフィダイン
(イスラムの砦が二大河の国に聳え立った)
ダウラトル・イスラーミ・タブカー・ルグマ・アンフィル・ハーキディーン
(イスラムの国は敵どもの意に反して存続する)

مرت الأعوام خمسًا في تحدٍ وصمود
كم تخطينا صعابًا كم كسرنا من قيود
マッラティル・アアワーム・ハムサン・フィ・タハッディン・ワスムー(ディン)
(挑戦と抵抗の中で5年が過ぎ去った)
カム・タハッタイナ・スィアーバン・カム・カサルナ・ミン・クユー(ディン)
(どれほどの苦難を乗り越え どれほどの枷を壊したことか)

كم قطعنا من رؤوسٍ كم فللنا من حديد
كم بذلنا من نفوسٍ كم فقدنا من شهيد
カム・カタアナ・ミン・ルウースィン・カム・ファラルナ・ミン・ハディー(ディン) 
(どれほどの首を切り どれほどの鉄を砕いたことか)
カム・バザルナ・ミン・ヌフースィン・カム・ファカドゥナ・ミン・シャヒー(ディン)
(どれほどの魂を費やし どれほどの殉教者を失ったことか)

نحن إن ننزل بساحٍ ساء صبح المنذرين
نحن بالذبح أتينا نسحق الكفر اللعين
ナフヌ・イン・ナンズィラ・ビサーヒン・サーア・スブフル・ムンザリーン
(我らが戦場に赴けば 警告を受けた者たちに災いの朝が来る)
ナフヌ・ビッ・ザブヒ・アタイナ・ナスハクル・クフラッ・ライーン
(我らは呪われた不信心者を屠り殲滅に来た)

نحمل القرآن جئنا نفرض توحيد الدين
نقتفي نهج الرسول والصحاب الأكرمين
ナフミルル・クルアーナ・ジイナ・ナフリドゥ・タウヒーダッ・ディーン
(我らはクルアーンを携えて一神教を課す)
ナクタフィ・ナフジャッ・ラスーリ・ワッスィハービル・アクラミーン 
(我らは高貴な使徒たちと教友たちの道を辿る)

↓プロ歌手によるナシードのプロモーション動画
 
↓イスラム国の公式スポークスマンであった故アドナニ師によるナシード熱唱
 

【過去資料:イスラム国】故アブ・ムハンマド・アドナニ師のスポークスマンとしてのデビュー動画

故アブ・ムハンマド・アドナニ師のスポークスマンデビュー動画

先日シリア北部アレッポ郊外で殉教したイスラム国の幹部であるアブ・ムハンマド・アドナニ師が、組織のスポークスマンとして初めて動画に登場したのは、2011年7月である。その年の5月にアルカイダのウサマ・ビンラディン前指導者が、アメリカの特殊部隊の軍事作戦で殺害されたことを受けて、その殉教に哀悼の意を表する内容であった。

このアドナニ師の声明は、その後の音声のみの声明とは異なり、顔にはボカシがかけられているものの、仲間のジハード戦士たちとともに姿を現し、声明を読み上げるスタイルで行われている。シリア進出を果たす前の「イラク・イスラム国」の頃に制作されたもので、その後袂を分かつことになるアルカイダのザワヒリ指導者に向けて、ビンラディン師の殉教に哀悼と祝意のメッセージを送っている。今振り返って観ると、その後のイスラム国の成長ぶりと併せて、情勢の大きな変動を感じさせる内容である。

ビンラディン師の殺害後も、その遺志は引き継がれ、イスラム国の樹立とカリフ制の復興として結実した。アドナニ師を始めとするイスラム国幹部たちの死亡が相次いでいるが、やはりその遺志は引き継がれ、新たなジハードが展開される端緒となるのだろう。


↓画像をクリックしてアドナニ師のデビュー動画を視聴またはダウンロード
2011_ISIS_Ratha_Imam_Adnani_Banner

【アルカイダ】アメリカ同時多発攻撃事件15周年を記念してザワヒリ指導者がメッセージ

ザワヒリ指導者の9・11事件記念声明
↑画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↑

題名:أباة الضيم
和訳:不正に抗う者たち
公開:2016年9月10日
組織:アルカイダ
出所:サハーブ・メディア(アルカイダ公式)
音声:アラビア語
尺長:19分48秒

【キャプション】
2001年9月11日にアメリカ本土で発生した同時多発攻撃事件15周年を記念して、アルカイダのアイマン・ザワヒリ指導者が公表した映像による声明動画。前指導者の故ウサマ・ビンラディン師の生前の映像が引用されているほか、アメリカの黒人公民権運動の活動家で「ネーション・オブ・イスラム」のスポークスマンであった「マルコム・X」ことマリク・シャバズ師の生前の映像も引用されている。

本件の報道用にザワヒリ師の発言を一部分抜粋するなら、次の箇所をお勧めしたい。少し長いので、記事や番組内容の文脈に合わせて適宜省略の上で利用いただきたい。

『我々のアメリカ国民へのメッセージは、太陽の如く明らかで、剣の如く鋭い。9・11事件とは、お前たちの我々に対する犯罪の結果である。パレスチナ、アフガニスタン、イラク、シリア、マリ、ソマリア、イエメン、イスラム・マグリブ諸国及びエジプトでのお前たちの犯罪のことだ。イスラム諸国を占領し、その富を収奪し、民衆を虐げる腐敗した人殺しの犯罪者たちをお前たちが後押ししてきたことの結果なのだ』(TC 06:08-0641)

『お前たちがこうした犯罪を続ける限り、9・11事件は何千回でも繰り返されるだろう。お前たちが攻撃を止めない限り、我らは最後の審判の日までお前たちを追跡するだろう』(TC 06:41-06:58)


↓画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↓
20160910_AQ_Sahab_Ubaat_Daim_911Anniversary_Zawahiri


※2016年9月10日追記
AFP通信が、ザワヒリ師の声明について報じた(Yahoo!ニュースにも転載記事あり)。当ブログ管理人が抜粋した同じ個所を紹介している。AFP通信は、ジハード主義組織の動向を比較的よくフォローしている。以下、記事の一部引用。


【9月10日 AFP】2001年9月11日の発生からまもなく15年を迎える米同時多発攻撃について、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)の最高指導者アイマン・ザワヒリ(Ayman al-Zawahiri)容疑者が米国に対し、同様の攻撃は「何千回でも」繰り返されるだろうと警告した。

 動画共有サイト「ユーチューブ(YouTube)」に8日に投稿された動画の中でザワヒリ容疑者は、米同時多発攻撃が起きたのは「われわれに対するおまえたちの罪」のせいであり、それらが続く限り、同様の攻撃は「何千回でも繰り返されるだろう」と述べた。またアラブ諸国およびイスラム教国に対する米政府の政策に言及し、米国はこれらの国々の土地を「占領」し、「罪を犯し、腐敗した」政府の数々を支援していると非難した。

【イスラム国】新機関紙「ルミヤ」8か国語で創刊

2016年9月5日、イスラム国の公式広報部門「アルハヤト・メディア・センター」から、新たな広報紙『ルミヤ』が創刊され、第1号の8か国語版が同時配信された。
※NHKの関連報道を、宣伝バナー画像の下で引用
※「ルミヤ(英語版)」のその他の号、「ダビク」のバックナンバーはこちらから


↓英語版
20160905_IS_Alhayat_Rumiyah_01

↓インドネシア語版
20160905_IS_Alhayat_Rumiyah_01_Indonesia

↓ドイツ語版
20160905_IS_Alhayat_Rumiyah_01_German

↓フランス語版
20160905_IS_Alhayat_Rumiyah_01_French

↓ウイグル語版
20160905_IS_Alhayat_Rumiyah_01_Turkistan

↓ロシア語版
20160905_IS_Alhayat_Rumiyah_01_Russian

↓パシュトゥー語版
20160905_IS_Alhayat_Rumiyah_01_Pashutu

↓トルコ語版
20160905_IS_Alhayat_Rumiyah_01_Turkish


ISが8つの言語の機関誌公開 各国でテロ警戒強まる
【NHK】9月7日 6時23分

英語やフランス語、それにインドネシア語など少なくとも8つの言語で書かれた過激派組織IS=イスラミックステートの新たな機関誌がインターネット上で公開され、各国でISの影響を受けたと見られるテロが相次ぐ中、警戒が強まっています。
過激派組織ISは5日、インターネット上で「ルミヤ」という新たな機関誌を公開しました。機関誌は英語やフランス語、ドイツ語、トルコ語に加え、インドネシア語、中国の新疆ウイグル自治区などで使われるウイグル語、それにアフガニスタンなどで使われるパシュトー語と、少なくとも8つの言語で書かれています。
また、今回第1号として公開された38ページの中では、オーストラリア人の戦闘員がシリアの戦闘で死亡したことに触れたうえで、オーストラリアのシドニーのオペラハウスやスタジアムなど、人々が集まるところでテロを実行するよう呼びかけています。
ISは先月、シリアでISのスポークスマンで、ヨーロッパでのテロ活動を指揮していたとも言われる、最高幹部のアドナニ容疑者の死亡が明らかになり、シリアやイラクでは支配地域を失い劣勢となっています。
一方で、各国でISの影響を受けたと見られるテロが相次いでおり、新たな機関誌が公開されたことを受け、オーストラリアのターンブル首相が「テロ対策を各国で話し合いたい」と述べるなど、テロが世界各地に広まることに警戒が強まっています。 

【過去資料】イスラム国公式スポークスマンの故アブ・ムハンマド・アドナニ師によるナシード熱唱 ※追記あり

261925675

イスラム国の公式スポークスマンであったアドナニ師の殉教後、イスラム国の支持者でつくるSNSコミュニティでは現在、アドナニ師を追悼し、過去の動画を振り返る機会となっている。
上のリンクは、アドナニ師がイスラム教の宗教歌(ナシード』を自ら歌っている興味深いファイルである。イスラム国がシリアへの進出を果たす前の「イラク・イスラム国」時代に製作されたもの。わずか十数人のジハード戦士とともに、砂漠でナシードを歌っていた無名の人物が、その声明に全世界が震撼し、その殺害にアメリカとロシアが手柄を主張し合うようになるなどと、誰が予想し得たであろうか。
なお、このナシードのアラビア語の歌詞と和訳は次のとおりである。アラビア語の分からない方でも口ずさめるように、カタカナによる表記も付しておいた。

قام للإسلام صرحٌ في بلاد الرافدين
دولة الإسلام تبقى رغم أنف الحاقدين
カーマ・リルイスラーミ・サルフン・フィ・ビラーディッ・ラーフィダイン
(イスラムの砦が二大河の国に聳え立った)
ダウラトル・イスラーミ・タブカー・ルグマ・アンフィル・ハーキディーン
(イスラムの国は敵どもの意に反して存続する)

مرت الأعوام خمسًا في تحدٍ وصمود
كم تخطينا صعابًا كم كسرنا من قيود
マッラティル・アアワーム・ハムサン・フィ・タハッディン・ワスムー(ディン)
(挑戦と抵抗の中で5年が過ぎ去った)
カム・タハッタイナ・スィアーバン・カム・カサルナ・ミン・クユー(ディン)
(どれほどの苦難を乗り越え どれほどの枷を壊したことか)

كم قطعنا من رؤوسٍ كم فللنا من حديد
كم بذلنا من نفوسٍ كم فقدنا من شهيد
カム・カタアナ・ミン・ルウースィン・カム・ファラルナ・ミン・ハディー(ディン) 
(どれほどの首を切り どれほどの鉄を砕いたことか)
カム・バザルナ・ミン・ヌフースィン・カム・ファカドゥナ・ミン・シャヒー(ディン)
(どれほどの魂を費やし どれほどの殉教者を失ったことか)

نحن إن ننزل بساحٍ ساء صبح المنذرين
نحن بالذبح أتينا نسحق الكفر اللعين
ナフヌ・イン・ナンズィラ・ビサーヒン・サーア・スブフル・ムンザリーン
(我らが戦場に赴けば 警告を受けた者たちに災いの朝が来る)
ナフヌ・ビッ・ザブヒ・アタイナ・ナスハクル・クフラッ・ライーン
(我らは呪われた不信心者を処刑し殲滅に来た)

نحمل القرآن جئنا نفرض توحيد الدين
نقتفي نهج الرسول والصحاب الأكرمين
ナフミルル・クルアーナ・ジイナ・ナフリドゥ・タウヒーダッ・ディーン
(我らはクルアーンを携えて一神教を課す)
ナクタフィ・ナフジャッ・ラスーリ・ワッスィハービル・アクラミーン 
(我らは高貴な使徒たちと教友たちの道を辿る)

ところで、同じナシードであっても、下のプロ歌手による動画と聴き比べると、アドナニ師の音程が外れているのは明らかである。演説の名手は、歌の名手とは限らない。


※2016年9月20日追記
日本の有志の方によって製作された次のような力作動画(ピアノ演奏)もあるので参考まで
記事検索
amazon.co.jp
カテゴリー