2017年10月

【イスラム国】アサド政権が武器弾薬置場として使用していたスタジアムがISの無人機による空爆で大爆発


SnapShot(102)

2017年10月24日、イスラム国(IS)系メディア「アマーク通信」は、シリア東部デリゾールでアサド政権が武器弾薬置場として使用していたスタジアムが、イスラム国の無人機(ドローン)による空爆で大爆発する動画を配信した。単純な手段であっても、創意工夫で大きな戦果を挙げることができる好例である。

SnapShot(101)
SnapShot(97)
SnapShot(100)
SnapShot(104)
SnapShot(103)
SnapShot(105)

※追記
この動画の「ニコニコ動画」での再生回数は1万を超え、政治カテゴリの第6位にランクインした。
ISドローンがスタジアム空爆でニコ動6位

【シリア解放機構】指導者が交代・・・アルカイダ系「ヌスラ戦線」のジュラニ前指導者が事実上のトップに就任

joulani

シリアの反政府勢力「シリア解放機構(Hay'at Tahrir al-Sham)」が発表した2017年10月1日付声明によると、最高意思決定機関である「シューラー評議会」において、アブ・ジャービル・シェイク総司令官の辞任が了承され、アルカイダ系組織の「ヌスラ戦線」をかつて率いていたアブ・ムハンマド・ジュラニ副司令官が当面の組織運営を担うことになった。また、アブ・ジャービル・シェイクは、シューラー評議会の議長に任命されたとしている。

なお、アラビア語紙の報道では、最近シリア解放機構から主要な反政府組織の分離や著名な幹部の離脱が相次ぐ中、組織の引き締めを図るために、すでに事実上の指導者であったジュラニが名実ともにトップに就任したと報じている。

20171002_HTS_Julani_Head

シリア解放機構の系列メディア「イバー通信」による関連報道
20171002_HTS_Iba_Julani_Head

【イスラム国】ラスベガス銃乱射で犯行声明…実行犯は数か月前にイスラム教に改宗「バグダディ指導者の呼びかけに応えて発砲」(※追記あり)

20171002_IS_Amaq_Las_Vegas_Attack_English_1
20171002_IS_Amaq_Las_Vegas_Attack_1
 
NHKによると、アメリカ西部ネバダ州ラスベガス中心部にあるホテルやカジノなどが入った複合施設の近くで2017年10月1日午後10時過ぎ(日本時間の2日午後2時過ぎ)銃撃事件があり、50人が死亡した。

この事件で、イスラム国(IS)系メディアの「アマーク通信」は2017年10月2日付速報で、「ラスベガスの攻撃の実行者は、イスラム国の戦士の一人であり、(対IS)有志連合の国々を標的にせよ」という呼びかけに応えたもの」と報じた。

更にアマク通信は続報で、「ラスベガスの攻撃の実行者は、数か月前にイスラム教に改宗したと伝えた。

20171002_IS_Amaq_Las_Vegas_Attack_English_2
20171002_IS_Amaq_Las_Vegas_Attack_2

(※以下追記)
また、イスラム国本部からも「犯行」を公式に認める声明画像が配信された。先日音声による声明を発した「バグダディ指導者の呼びかけに応えた」もので、「カリフ国の戦士の一人として銃弾が尽きて殉教するまで十字軍の群衆に発砲し、600人を死傷させた」としており、実行犯の名を「アブ・アブドゥルビッル・アメリーキ」としている。
『速報:アメリカのラスベガスでの祝福すべき攻撃により
十字架の信者およそ600人が死傷』
20171002_IS_America_Las_Vegas_Attack_Statement
IS_English

記事検索
amazon.co.jp
カテゴリー