故アブ・ムハンマド・アドナニ師のスポークスマンデビュー動画

先日シリア北部アレッポ郊外で殉教したイスラム国の幹部であるアブ・ムハンマド・アドナニ師が、組織のスポークスマンとして初めて動画に登場したのは、2011年7月である。その年の5月にアルカイダのウサマ・ビンラディン前指導者が、アメリカの特殊部隊の軍事作戦で殺害されたことを受けて、その殉教に哀悼の意を表する内容であった。

このアドナニ師の声明は、その後の音声のみの声明とは異なり、顔にはボカシがかけられているものの、仲間のジハード戦士たちとともに姿を現し、声明を読み上げるスタイルで行われている。シリア進出を果たす前の「イラク・イスラム国」の頃に制作されたもので、その後袂を分かつことになるアルカイダのザワヒリ指導者に向けて、ビンラディン師の殉教に哀悼と祝意のメッセージを送っている。今振り返って観ると、その後のイスラム国の成長ぶりと併せて、情勢の大きな変動を感じさせる内容である。

ビンラディン師の殺害後も、その遺志は引き継がれ、イスラム国の樹立とカリフ制の復興として結実した。アドナニ師を始めとするイスラム国幹部たちの死亡が相次いでいるが、やはりその遺志は引き継がれ、新たなジハードが展開される端緒となるのだろう。


↓画像をクリックしてアドナニ師のデビュー動画を視聴またはダウンロード
2011_ISIS_Ratha_Imam_Adnani_Banner