ジハード戦士の動画・声明の記録





________YouTube公式は
こちら 
新規公開動画のリンク切れについては随時修復
 اسمع منهم لا تسمع عنهم 

イスラム国 ホラサン州

【イスラム国 ホラサン州】アフガニスタン首都カブールで2人が殉教作戦を実施 約70人死亡 公式声明を発出 ※追記あり

画像をクリックしてNHKの関連報道へ移動
NHKの報道によると、2016年7月23日、アフガニスタンの首都カブールで、市民がデモを行っていたところ、大きな爆発があり、これまでのところ61人が死亡し、207人がけがをしたとしている。
 デモの参加者には、アフガニスタンでは少数派でイスラム教シーア派のハザラ人が多く、地元を通る大規模な送電線を建設するよう政府に求めていたという。また、事件後にISとつながりのある「アマーク通信」が、「ISの戦士2人がカブールでシーア派の集まりを狙って、身に付けた爆発物を爆発させた」と伝えたとしている。

こちらが、そのアマーク通信の速報バナーである。
20160723_IS_Amaq_Afghanistan_Kabul_Attack_Arabic
20160723_IS_Amaq_Afghanistan_Kabul_Attack_English
(※アマーク通信については、アマク通信、アーマク通信、アマック通信等の表記もあり)

NHKがアマーク通信を常時フォローするようになったのは素晴らしいが、本件については下の画像のとおり、既にイスラム国からの公式声明もでている。こちらのイスラム国ホラサン州の声明の方が詳しい情報があるので、是非とも言及していただきたい。少しでもお役に立てるよう、当ブログ管理人による全訳を掲載したので、参考にしていただければ幸いである。

20160723_IS_Khurasan_Afghanistan_Kabul_Attack
↑画像をクリックすると拡大
(以下、声明の和訳(※は当ブログ管理人による補足)
速報 カブールでの2回の殉教作戦で
多神教徒のラーフィダ(※シーア)派の内70人が死亡、約200人が負傷
イスラム国ホラサン州 ヒジュラ暦1437年シャワル月18日
栄光あるアラーの祝福により、カリフ国の戦士であるナジブラ・ホラサニ及びタルハ・ホラサニの2人(アラーよ両者を受け入れ給え)がカブールで、多神教徒のラーフィダ(※シーア)派の集まりに対して手榴弾による攻撃に成功し、両者はその内の多数を死傷させた。更に両者は、残った者たちの只中で爆弾チョッキを爆発させた結果、約70人を殺害、背教者200人超を負傷させた。今回の祝福すべき作戦は、シャーム地方(※シリア)のスンニ派住民に対するヌサイリ(※アラウィ)派の戦いに、彼らが協力していることへの報復であり、ホラサンの大地及びその他のイスラム教徒の国々を、多神教の汚れから浄化するためでもある。まさに称賛は世界の主であるアラーにこそある。
(※和訳は以上)

※以下、2016年7月24日追記 

NHK「ISの地域組織名乗るグループ」声明
 当ブログ記事の公開後、NHKが当ブログ管理人の意を見事に汲まれ、イスラム国ホラサン州が出した声明について素晴らしい続報を配信していただいた。
 「ホラサン州」という人口に膾炙していない固有名詞を避けたにもかかわらず、アナウンサーの方が「ISの地域そしk・・・地域組織を名乗るグループが・・・」と噛んでしまったのは、ご愛敬であろう。細かいことはともかく、流石はわが国公共放送と評価すべきであり、まさに感無量である。NHKの関連報道のリンクはこちら
以下、NHKの記事を引用。

アフガニスタン爆弾テロ “IS地域組織”が犯行声明
7月24日 11時52分

アフガニスタンの首都カブールで80人が死亡した爆弾テロ事件で、過激派組織IS=イスラミックステートの地域組織を名乗るグループが犯行を主張する声明を出し、現地では、反政府武装勢力タリバンに加え、ISという新たな脅威への懸念が広がっています。
アフガニスタンの首都カブールで23日、市民のデモを狙った爆弾テロ事件があり、これまでに80人が死亡、231人がけがをしています。

デモの参加者には、現地では少数派のイスラム教シーア派の人たちが多く含まれており、過激派組織IS=イスラミックステートの地域組織を名乗るグループが、「シリアでスンニ派を殺害しているシーア派に対する報復として、戦士2人が身に着けた爆発物を爆発させた」などと犯行を主張する声明を出しました。

アフガニスタンでは長年、反政府武装勢力タリバンが、テロや襲撃を続けてきました。しかしこの1年ほど、ISの地域組織が隣国パキスタンとの国境に近い東部を中心に活動を活発化させており、今回、首都で大規模なテロが起きたことで、アフガニスタンではタリバンに加えて新たな脅威への懸念が広がっています。
 
※2016年7月25日追記
 イスラム国ホラサン州が配信した、カブールでの作戦の実行者2人の画像。
出身を示すコードネームは声明と異なり、「ホラサニ」ではなく「アフガニ」とされている。
殉教者タルハ・ホラサニ
↑「タルハ・アフガニ」の写真

殉教者ナジブラ・ホラサニ
↑「ナジブラ・アフガニ」の写真
 

【イスラム国ホラサン州】若いジハード戦士たちの訓練の様子を紹介

20160129_IS_Khurasan_AshbalKhilafa
↑画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↑

題名:معسكر أشبال الخلافة
和訳:カリフ国の若獅子たちの訓練キャンプ
公開:2016年1月29日
組織:
イスラム国(IS、旧ISIS又はISIL)ホラサン州
出所:ホラサン州広報部(旧アフガニスタン領)
音声:ペルシャ語(アラビア語字幕あり)
重要:★☆☆☆☆

【動画の内容及び解説】
イスラム国のアフガニスタン支部「ホラサン州」の若いジハード戦士たちのメッセージや訓練の様子を伝える宣伝動画。「ホラサン州」の資料映像的な価値はある。

なお、「イスラム国ホラサン州」及び「イスラム国(旧リビア領内の3州)」というブログのカテゴリーを新たに設け、「イスラム国」カテゴリーから該当の記事を移して分類しなおした。


↓画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↓
20160129_IS_Khurasan_AshbalKhilafa
 

【イスラム国ホラサン州】ナンガルハル県クートでアフガニスタン政府軍を撃退

画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード
↑画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↑

番号:244
題名:صد هجوم للجيش الأفغاني المرتد في منطقة كوت - ننجرهار  
和訳:背教者のアフガン政府軍をナンガルハル県のクートで撃退
公開:2015年11月15日
組織:イスラム国(IS、旧ISIS又はISIL)ホラサン州
出所:ホラサン州広報部(イスラム国傘下)

【動画の内容及び解説】
イスラム国のアフガニスタン支部「ホラサン州」のジハード戦士たちと、アフガニスタン政府軍の戦闘に関する宣伝動画。イスラム国のジハード戦士たちが政府軍によってナンガルハル県クートから一掃されたとの報道は嘘だと主張している。

11月9日に同じくホラサン州広報部によって公開された動画の続編にあたる。当ブログの管理人は、前回の動画に出てきた猿を連れたジハード戦士のその後が気になっていたのだが、残念ながら彼は今回登場しなかった。

↓画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↓
 画像をクリックして動画をダウンロード又は視聴


【イスラム国】アフガニスタン支部「ホラサン州」の宣伝動画、サルを連れている謎のジハード戦士

画像をクリックして動画を視聴またはダウンロード

↑画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↑

番号:241
題名:غزوة مفتاح الخير
和訳:最善への鍵のための進攻
公開:2015年11月9日
組織:イスラム国(IS、旧ISIS又はISIL)
出所:ホラサン州広報部(イスラム国傘下)

【動画の内容及び解説】
 イスラム国のアフガニスタン・パキスタン支部「ホラサン州」が、アフガニスタンのナンガハル州にある政府軍の拠点を攻略するまでを伝える宣伝動画。動画のクオリティが向上しており、イスラム国本部からの支援をうかがわせる出来栄えである。今後、ホラサン州がらみで大きな事件等が起きた場合、テレビ局の方々はこの動画を資料映像として使うとよいだろう。

気になるのは、アフガン政府軍の基地攻略後、戦利品を確保するシーン(冒頭から9分40秒辺り)で、一人のジハード戦士が紐で繋がれたサルを連れていることである。このサルは戦利品の一部なのだろうか、それとも彼の相棒なのだろうか。何となく桃太郎のような威風すら感じさせる、謎のジハード戦士である。
サルを連れている謎のジハード戦士
いずれにせよ、この猿に気づいたジハーディスト・ウォッチャーは、世界広しと言えども、このブログの管理人だけだろう(この業界は狭いが)。


↓画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↓
画像をクリックして動画を視聴またはダウンロード
 

【イスラム国】アフガニスタン支部「ホラーサーン県」の動向まとめ ※追記あり

↓画像をクリックして動画を視聴またはダウンロード↓
画像をクリックして動画を視聴

動画ナンバー:184
和訳:ハイバル地区にて背教者のパキスタン軍に対しSPG-9砲を発射
公開日:2015年4月20日
組織名:イスラム国(IS、旧ISIS又はISIL)
情報元:ホラサン県広報部(イスラム国傘下)
 
【動画の内容及び解説】 
イスラム国の戦闘員が、パキスタンとアフガニスタンの国境地帯のハイバル地区において、SPG-9無反動砲を用いてパキスタン政府軍を攻撃する。

【イスラム国ホラサン県とは】

新規動画の公開の機会をとらえ、以下にイスラム国ホラサン県についてまとめておく。なお、以下の内容は、アフガニスタンのジャララバードでの銀行前爆発事件において、ある報道機関から、イスラム国からの「犯行声明」について問い合わせがあり、その際に回答した内容である。

ホラサンとは、「ホラーサーン」とも表記され、現在の東イラン、北西アフガニスタン、南トルクメニスタン一帯に広がる歴史的地方である。2015年1月、この地域の主要なジハード主義組織である「タリバン」の活動に最早飽き足らない勇猛なジハード戦士たちが集結し、「信徒たちの長」、カリフ・イブラヒムことイスラム国のバグダディ指導者に対して忠誠を誓った。

↓画像をクリックして動画「ホラサンにおいて信徒たちの長アブバクル・バグダディ師に対し、ジハード戦士の首長たちが忠誠を誓う」(2015年1月10日イスラム国配信)を視聴↓
画像をクリックして動画を視聴

この忠誠をイスラム国は歓迎し、公式スポークスマンのアブムハンマド・アドナーニによる1月26日発表の声明において、忠誠を受け入れ、イスラム国「ホラサン県」の設立を宣言するとともに、元タリバンの幹部であるハーフィズ・サイード・カーンをホラサン県知事に任命した。

2015年3月17日イスラム国は、カーン知事が、副官であるハーディム師への追悼メッセージを送る広報動画を公開している。
↓画像をクリックして、カーン・イスラム国ホラサン県知事が登場する動画を視聴・ダウンロード↓
画像をクリックして動画を視聴可能

そして4月18日、アフガニスタンのジャララバードの銀行において爆発が起き、多数の死傷者が発生した。この事件について、ツイッターで「イスラム国ホラサン県」のハッシュタグを通じ、『イスラム国の英雄アブ・ムハンマドが、ジャララバードでの殉教攻撃により「背教者」75人超を殺害、100人以上を負傷させた』との声明と、殉教攻撃を行った人物とされる画像が拡散した。アフガニスタンのガニ大統領も、イスラム国によるものとの声明を発している。だが、イスラム国はその後、事件への関与を否定する声明を発した。

↓ジャララバードでの殉教攻撃の実行者とされる人物の画像↓
アフガンで殉教攻撃を行った「アブムハンマド」

そして今回、イスラム国ホラサン県の広報部が、パキスタン軍と戦うジハード戦士の動画を配信した。ここに来てようやくイスラム国ホラサン県としての活動態勢が再び整いつつあるものと見られる。

↓画像をクリックして新たに配信された動画を視聴またはダウンロード↓
SPG-9

※2015年4月28日追記
↓新たなイスラム国ホラーサーン県の宣伝動画。迫撃砲でパキスタン軍の基地を攻撃。
画像をクリックして動画を視聴

【イスラム国】ホラサン県知事ハーフィズ・サイード・カーン師が故アブドルラウフ・ハーディム副知事に追悼メッセージ

↓画像をクリックして動画を視聴・ダウンロード↓
画像をクリックして動画を視聴可能

動画ナンバー:159
題名:رحل الشيخ خادم، والثأر قادم
和訳:ハーディム師逝く、そして復讐は来る
公開日:2015年3月17日
組織名:イスラム国(IS、旧ISIS又はISIL)
情報元:ホラサン県広報部(イスラム国傘下)

【動画の内容】
元タリバンの指揮官で、イスラム国のホラサン県(アフガニスタン一部)の知事ハーフィズ・サイード・カーンから、故アブドルラウフ・ハーディム副知事への追悼メッセージ。ハーディム師は2015年1月にイスラム国からホラサン県設立に伴って副知事に任命された後、まもなく米軍の無人機による空爆で殺害された。



 
記事検索
amazon.co.jp
カテゴリー