アッシャバーブ(ソマリア)

【アッシャバーブ】 ソマリアでの旅客機爆発に関する声明

アッシャバーブの作戦により爆破された機体
↑画像をクリックしてアッシャバーブの公式声明を閲覧またはダウンロード

2016年2月2日、ソマリアの空港を離陸した旅客機の機内で爆発が起き、機体に穴が開いた事件について、アルカイダ系のジハード主義組織「アッシャバーブ」から、作戦を実行したとの声明が2016年2月13日にインターネットを通じて発出された。

 
以下、NHKの関連報道の引用:
ソマリア旅客機爆発 イスラム過激派組織が犯行声明(NHK2月14日 9時13分更新)
・・・今月2日、ソマリアの首都モガディシオから隣国ジブチに向けてダーロ航空の旅客機が空港を離陸したところ、まもなく機内で爆発が起きて機体の側面に穴が開き、空港に引き返して緊急着陸しました。その際、穴から外に投げ出されて死亡した男が、旅客機に搭乗するときに爆弾を仕込んだパソコンを持ち込み、爆発させた疑いが強まっています。
この事件で13日、ソマリアを拠点に活動するイスラム過激派組織アッシャバーブが声明を出し、欧米諸国が掃討作戦を強化しているとしたうえで、「欧米に対する報復だ」として犯行を認めました。また、声明では「旅客機に乗っていた西側の情報機関やトルコ軍の要員を狙った」としています・・・(以下略)

旅客機の爆破作戦に関する英語の声明
↓(画像をクリックすると拡大可能)
802208089_66348_14301192158288964662
803718569_12037_6065004001614080070

ソマリアのジハード戦士がイスラム国に忠誠を誓ったものの、「アッシャバーブ」によって殺害か

画像をクリックして動画を視聴またはダウンロード
↑画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↑

番号:264
題名:بيعة مجموعة جديدة خن المجاهدين في الصومال لخليفة المسلمين إبرهيم بن عواد الحسيني القرشي
和訳:ソマリアでジハード戦士の新たな一団がイスラム国のカリフに忠誠を誓う
公開:2015年12月8日
組織:不明
出所:不明
音声:ソマリ語(アラビア語字幕)
重要:★☆☆☆☆

【動画の内容及び解説】
ソマリアのジハード戦士の一団(10人弱)が、イスラム国のバグダディ指導者をカリフとして忠誠を誓う動画。

動画に顔を出して登場する「アブナアマン・インターリ」と称する人物について、バグダディ指導者に忠誠を誓った後、ソマリアのジハード組織「アッシャバーブ」(※アルシャバブ等の表記もあり)から刺客を差し向けられて殺害されてしまったとのテキストが、動画の最後に表示される。何とも不可解な動画である。ソマリアにおいてイスラム国とアルカイダ系の「アッシャバーブ」の間で、ジハード戦士の激しい引き抜き合いが行われていることが推測される。

↓アブナアマン・インターリと称する人物

画像をクリックして動画を視聴またはダウンロード1

↓イスラム国に忠誠を誓った後、アッシャバーブにより殺されたとしている
画像をクリックして動画を視聴またはダウンロード2

ソマリアのジハード主義組織「アッシャバーブ」がパリ同時襲撃作戦を称賛

 画像をクリックして声明を閲覧又はダウンロード
↑画像をクリックして声明を閲覧又はダウンロード

2015年11月27日、ソマリアのジハード主義組織「アッシャバーブ」(※アルシャバブなどの表記もあり)が、公式広報部門「カターイブ・メディア」からテキストによる声明を発出した。

「忍耐と共に勝利を-シリアとイラクの人々に対する十字軍連合の攻撃について」と題する声明では、欧米等の十字軍連合の空爆に晒されているシリアとイラクのイスラム教徒に対する連帯を表明するとともに、先般のパリ同時襲撃事件やマリのバマコで起きたホテル襲撃事件を称賛している。

パリ同時襲撃事件については、イスラム国からこれを実行したとの声明が出ているが、イスラム国と敵対関係にあるアルカイダ系のアルシャバブが、今回声明でこれを公に称賛している。しかし、これをもってアッシャバーブの方針の転換と解するのは適当でない。アルカイダ本部のザワヒリ指導者は、イスラム国のバグダディ指導者のカリフ地位を否定しつつも、十字軍連合との現場レベルでの戦いについては共闘を容認する姿勢を打ち出しており、そうした観点からは矛盾していない。

ソマリアのジハード主義組織「アッシャバーブ」がウガンダ軍の基地制圧 大統領「兵士は寝ていた」、兵士「寝るのは健康に良い」

画像をクリックして動画を視聴またはダウンロード
↑画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↑

番号:242
題名:إغارة على قاعدة للقوات الصليبية الأوغندية
和訳:ウガンダの十字軍基地に対する急襲
公開:2015年11月9日
組織:アッシャバーブ(※アルシャバブ等の表記もあり)
出所:カターイブ・メディア(アッシャバーブ公式)

【動画の内容及び解説】
 ソマリアのジハード主義組織「アッシャバーブ」が2015年8月に、ソマリア南部のジャナレにあるウガンダ軍の基地を制圧したことに関する宣伝動画。

 動画の末尾にウガンダの大統領が登場し、「我々の兵士たちは寝ていて、警戒を怠っていた」と、自国の兵士を罵倒するコメントが引用されている。これに対し、アッシャバーブによって捕虜となったウガンダ軍の兵士は、「寝ることは健康に良いし、悪いことではない。寝なければ働けない」と反論している。
「寝ることは健康に良い」
『寝るのは健康に良いし、悪いことではない・・・』

↑画像をクリックして動画を視聴またはダウンロード

ソマリアのジハード戦士たちが「アッシャバーブ」から離脱しイスラム国のバグダディ指導者に忠誠

画像をクリックして動画を視聴またはダウンロード
↑画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↑

番号:240
題名:بيعة ثلة من مجاهدي الصومال لأمير المومنين وخليفة المسلمين أبي بكر البغدادي القرشي
和訳:ソマリアのジハード戦士の一団が、カリフであるアブバクル・バグダディに忠誠
公開:2015年11月8日
組織:イスラム国(IS、旧ISIS又はISIL)
出所:不明
音声:アラビア語(動画のアラビア語テキスト起こしはこちら

【動画の内容及び解説】
 ソマリアのジハード戦士たちが、イスラム国のバグダディ指導者に対する忠誠を誓う動画。まだ数十人程度の規模と見られ、「ソマリア州」といった傘下組織の立上げの宣言はなく、イスラム国傘下の正式な広報部としての宣伝動画ではない。

 ソマリアのジハード主義組織「アッシャバーブ(※アルシャバブ等の表記もあり)」を名指しこそしないものの、今回の動画に先立ってアッシャバーブからの離脱とバグダディ指導者への忠誠を表明していたアブドルカデル・ムウミンに対する祝意を表明していることから、今回の動画に登場するジハード戦士たちは、アッシャバーブから離脱したことが分かる。

↓アッシャバーブの幹部アブドルカデル・ムウミンの声明を再生又はダウンロード
画像をクリックして音声ファイルを再生又はダウンロード

なお、イスラム国は2015年10月2日に、アッシャバーブのジハード戦士に向けてイスラム国への参加を呼びかける動画を公開していた。アルカイダ系のアッシャバーブはバグダディ指導者のカリフ地位を認めようとしないため、イスラム国側はジハード戦士個人レベルでの切り崩しを図っている。既に双方は完全に対立関係に入ったと見てよい。

↓画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↓
画像をクリックして動画を視聴またはダウンロード
 

【イスラム国シナイ州】ソマリアのジハード戦士にイスラム国への忠誠を呼びかけ

画像をクリックして動画を視聴またはダウンロード
↑画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↑

番号:217
題名:من سيناء إلى الصومال
和訳:シナイからソマリアへ
公開:2015年10月1日
組織:イスラム国(IS、旧ISIS又はISIL)シナイ州
出所:イスラム国シナイ州広報部(旧アンサール・エルサレム)
音声:アラビア語

【動画の内容及び解説】
イスラム国のエジプト・シナイ半島の支部「シナイ州」の戦闘員3人が、ソマリアのジハード戦士たちに向けてメッセージを発する。
イスラム国シナイ州の戦闘員たちは、聖典クルアーンや預言者言行録「ハディース」を引用しながら、イスラム教徒としてカリフの下で団結することが重要と力説し、イスラム国のバグダディ指導者に忠誠を誓い、他のイスラム国領内へと移住するか、イスラム国の戦士として現地で戦うことを呼びかける。

ソマリアのジハード戦士たちとは、ジハード主義組織「アッシャバーブ」(アルシャバブ等の表記もあり)を意図していると考えられるが、「アッシャバーブ」はアルカイダ系組織であり、対立関係にあるイスラム国として、アルカイダからの(末端の戦闘員レベルでの)切り崩しを狙っているものと見られる。

↓画像をクリックして動画を視聴又はダウンロード↓
画像をクリックして動画を視聴またはダウンロード
 

ソマリアのジハード主義組織「アッシャバーブ」が、ケニアの大学襲撃事件に関する公式声明を発出

4月2日に発生したケニア東部ガリッサの大学襲撃事件で、ソマリアのジハード主義組織「アッシャバーブ」(アル・シャバーブとの表記もあり)が、4日(日本時間5日)、作戦に関する声明を公表した。なお、アラビア語版と同時に英訳版も用意されている。

アフリカのジハード主義組織の広報を行っているSNSアカウント運営者「イフリキヤ報道」によって、声明のPDFファイルが拡散されており、信憑性は高い。

内容的には、これまでケニア当局が行ってきたイスラム教徒に対する弾圧を指摘した上で、報復として今回の作戦を実行したとしつつ、イスラム教徒には危害を加えなかった点を強調している。

そして、現ケニア政府を支持している国民に対し、イスラム教徒への迫害が続く限り安全はないと警告した後、ケニア政府に対しては、「お前たちには言葉ではなくケニア国民の血を以てメッセージとする。せいぜい国民の墓穴を掘り、棺桶を準備しておくが良い」と述べている。

その全文を以下掲載する。

↓画像をクリックすると拡大します。
アッシャバーブ 大学襲撃 アラビア語声明
アッシャバーブ 大学襲撃 アラビア語声明2

アッシャバーブ 大学襲撃 英語声明
アッシャバーブ 大学襲撃 英語声明2


ソマリアのジハード主義組織「アッシャバーブ」 公式広報部門「カターイブ・メディア」による宣伝動画

2015年4月2日、ケニア東部のガリッサで、ソマリアのジハード主義組織「アッシャバーブ」(アルシャバブとの表記もあり)が、大学のキャンパスで銃を乱射して147人の学生らが死亡した事件があり、アッシャバーブに関する報道相次いでいる。

以下、アッシャバーブの公式広報部門「カターイブ・メディア」が展開している直近の宣伝活動を参考までに示しておく。※詳細は後ほど追記予定

↓2015年3月31日に公開された宣伝動画
«من ثغور العز 2 :المرابطون في جبال غوليس»
(『栄光の辺境から その2 ゴリス山地にて戦う者たち』)




↓上記動画の宣伝バナー
画像をクリックして動画を視聴またはダウンロード

↓カターイブ・メディア発表
ヒジュラ歴1436年第一ジュマダ月におけるアッシャバーブによる活動の月例報告
2015年4月1日公表のリンク

↓2013年9月に行ったケニアのショッピングモール「ウエストゲート」襲撃作戦に関するドキュメンタリ調の長編広報動画。前半はケニアでのイスラム教徒弾圧の歴史を扱い、後半でショッピングモール襲撃の映像が流れる。



ソマリアのイスラム武装勢力「アルシャバブ」の活動に関する長編ドキュメンタリー映像


動画ナンバー:048

アラビア語題名:الهجوم على مقر الأمم المتحدة
題名の和訳:『国連事務所への攻撃』
公開日:2014年10月4日
組織名:イスラム国
情報源:カターイブ・メディア

 
【動画の内容】
ソマリアのイスラム武装勢力「アルシャバブ」の活動に関する長編ドキュメンタリー動画。国連やアフリカ連合による和平プロセスや民主化を非難し、2013年の7月にモガデシオのUNDP事務所に対する攻撃を行った際の映像などを公開している。新たな内容はないものの、「アルシャバブ」のイメージ映像、アーカイブ資料としては一定の価値がある。

vZWq63

記事検索
amazon.co.jp
カテゴリー